HOME > 入門者の声

小学生

小学生A君
僕が剣道をはじめて学んだことは、稽古を重ねてかつ喜びと負けてもまたがんばるぞというあきらめない気持ちを学びました。 剣道はとても楽しいです。皆さんもぜひ剣道を始めてみてください。

小学生B君
剣道を始めてよかったことは、礼儀や作法、友達との関わりかたや物事の考え方すべてがかわりました。剣道をはじめることにで、より絆が深まります。皆さんも剣道を始めましょう。

保護者

A君のお母さん
小学一年生の春、チャンバラ好きの息子が竹刀を嬉しそうに手にしてから、同期の子達と一緒に5年が経ちました。 先生方の、お人柄温かく、時に厳しい御指導の数々から、子供達は自分と向き合い、お稽古に励み、その様子を見て親も頑張る力をもらっています。 剣道を通じ、子供の成長をこれからも感謝しながら応援したいと思います。

B君のお母さん
二年前の6月初めて菅野支部に見学に行きました。とても親切に色々と教えて頂きすぐにはちまきさんとして参加させてもらい引っ込み思案な息子もはにかみながらも楽しんでいたのを思い出します。面つけになり試合や合宿にも参加し少しずつ剣道の厳しさの中の楽しさがわかってきたようです。これからも親子で稽古に励んで行きたいと思います。

C君のお母さん
寒さにも暑さにも負けずに稽古して強い心と身体を養ってほしい。剣の道を究める中で日本の伝統や文化についても学んで欲しい。そんな想いで菅野支部の門を叩きました。実際の稽古では多くの先生方や仲間達からたくさんの刺激を受け、日々成長していく息子の姿に頼もしさを感じています。

class="back">▲ページトップに戻る


inserted by FC2 system